<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

…まさか読了しているのに書いていないとは。

誉田哲也氏の書く刑事モノの小説。
フジの2時間ドラマで映像化されており、これが好評を博し火曜ドラマ枠で連続化、近く映画公開も決定している。
小説自体は書評者いわく「女性刑事小説の三本柱たりうる作品」

主人公は姫川玲子、29歳、警部補。
警視庁捜査一課十係に所属する主任刑事。
いわゆるハンチョーである。

班に所属する部下にも恵まれ、また上司にも恵まれた女性刑事。
容姿端麗、頭脳明晰。
でも強いてあげるなら…強いてあげる点が多いわw
彼女がノンキャリアで若くして警部補まで駆け上がった経緯には理由がある。
直観型の刑事で、ピンとくるものがある。
まぁトンデモな推理ではなく、様々な要素あっての閃きによる推理で事件の真相へ近づいて行くのだが、その一足飛びに解決に向かう様を苦々しく思う同課別班。
特に女性でイッパシの刑事やってるのが気に食わない者もあったりする。

合同で捜査する事となった公安上がりで情報戦に長けたのガンテツこと勝俣警部補との確執や、姫川班の面々との人間模様も描かれていて面白い。
読んでいてどんどん姫川玲子の中に入り込んでしまう感があった。

私は連ドラを見て非常に面白いと感じ、原作へ回帰する形で読み始めた。
(毎週火曜は21時に帰って、間に合わない時は録画していたほど…これは私的には近年まれに見る行動w)
そのため原作のキャストをドラマ出演者に仕立てて脳内映像化していたのだが、割とギャップはなかった。
明らかに違うと感じたのは、菊田という男。
姫川班の副リーダー的な位置の巡査部長で、ドラマでは西島秀俊さんが演じているのだが…どうにもこれだけは原作と違う。
作中でゴリラと称される程の男、と言えば違うのはすぐわかるかと思うw
誉田氏は作品に登場する人物には細かに俳優を設定するとの事で、必ず「原作者の設定する演者」がいる訳で…原作菊田=照英かなぁ?とちょっと予想した。
しかしながら、ドラマ版の西島菊田も味わい深い。
西島さんが原作菊田をそのまま演じると、そもそも野暮ったい男なので合わないのだが、西島菊田は原作菊田にない男の色気があり、補って余りある。
原作を読み終えて、ドラマ(DVDにもなってます)を見て、改めて良さも見えてきた。

そう考えるとドラマから入って原作へ進んだのは正解だったかも知れない。
(うまく補正しながら脳内映像化できているから。)
面白いから姫川シリーズはとりあえず読み進めて行きますよ。
[PR]
by shivaryu | 2012-06-28 14:01 | 読書
ストロベリーナイトに続く姫川玲子シリーズ。
ドラマではラスト3話を使って描かれた。

事件の真相についてのプロセスも面白いが、姫川とサブキャストとの関係の進展も面白い。
姫川が苦手とする日下と共に事件解決に向け捜査を進めるのだが、直感型の姫川と、実証型の日下では流石に噛み合わず、彼女の対抗心は浮き彫りにされ、スピーディーとまでは行かないが、丁寧かつダラダラ感なく話は進んでいく。

日下は姫川と同じ捜査1課10係に所属する警部補。
同課・同等級ゆえにライバルではあるが、それ以上の敵視っぷりとその理由が描かれている。
ストロベリーナイトでは盲腸を患い、終盤に少しだけ登場するのみ、しかも姫川が一方的に敵視している面を書かれているだけだった。
だが、姫川が思うほど嫌な男ではない事が彼と菊田の対話や家庭との向き合い方、または上司である今泉が姫川に聞かせた日下の過去話に表れていて、読んでいる大半は姫川に魅力を感じているだろうが、本作品を読めば姫川が嫌がる日下にも多少の愛着を持つのではないかと思う。
少なくとも私はいい刑事だなぁと魅力を感じた。
(まぁこの作品に出てくるメインキャストは魅力的な人間が多いが。)
また、ドラマではほぼ描かれていない姫川と菊田の恋愛の進展もうかがえる。
次作でどうなるのかは楽しみだが、菊田じゃダメだろうなぁとか想像したりもw

次は短編集「シンメトリー」
ざっとパラ見した感じではテンポよく読めそうな気がしてる。
[PR]
by shivaryu | 2012-06-28 11:44 | 読書