<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今まで山田作品は古いものを読んでたんだけど、突然に最新作に手を出した私。
本屋でたまたま見つけたんですよ。
表紙があまりにかわいくて・・・(最近こういう本多いよね。)

で、今作は「精子バンク」のお話。
優秀な人間の精子を買って、優秀な子供を作りませんか?
そんな企業が出てくる。
主人公・麒麟はノーベル化学賞受賞者の精子から生まれた子供。
その兄・秀才(ヒデトシ)はIQ180の数学者から生まれた子供で3歳年上。
麒麟は5歳までは順調に育つ。兄と同様に小学6年レベルの教育は簡単にこなせるぐらいに成長する。
ここまで、学問的には同様なのだが、違うのは性格。
二人とも母の言いつけを聞いて学問に励むのだが、兄は基本的に無口で多くを語らない。というか聞かれても答えない。
比して弟は今日は何があった、こんなことがあったと母親にお話をする。
母親は最初は兄に愛情を注いでいたが、感情を持って接する麒麟に愛を注ぎ始める。

兄は8歳になり、高校生をも解けないような数学問題を解く頭脳となっていくのだが、麒麟は成長が止まってしまう。
どうしても中学生レベルの問題となると理解ができないのだ。
ノーベル賞をとった父親なのにどうして!?こんな子は認めない!と母親は麒麟をベランダへ設置した犬小屋へ隔離。
そして、さらには施設へ放り込み「なかったこと」にしてしまう。

・・・うわー、現実的にありそうな話じゃないか。
いつも思うのなぁ。勉強だけが優秀さに直結するのか?って。
確かに点数がハッキリ出て、経歴に残るからソコを重視するのはわかるけどさ。
勉強そこそこでも感情豊かな子供であって欲しい、って思うのは独身男の夢物語なのだろうか。
読みながら思ったんだけど、精子の出所が良くても母体がアレだと・・・とか思っちゃう。
この母親、劣等感の塊みたいな人で、いつか見返してやるみたいな事を考えてるの。
なんか・・・そういう母親だと生まれてくる子供も知れてるような気がして悲しくなるね。

しかし意に反してこの麒麟は感情豊かに育っていく。
とても優しく、思いやりがあり、人の気持ちを考えられる子供。
周りの冷たさとこの温かさの対比が涙を誘う。
そして(ちょっと読めちゃうけど)どんでん返しもあって、オチが退屈ではなかった。

およそ6時間をかけて読了し「うわ、早朝じゃねぇか」と後悔しつつ感想文を書いた次第です。
[PR]
by shivaryu | 2010-10-24 04:37 | 読書
ラーメンズのDVDがレンタルで出てたので借りようと思ったんですよ。
いっつも借りられててね。この時も「まーいちおう」ってな感じで棚へ歩いたんですよ。
あるじゃないの。しかも4枚も。
とりあえず全部借りる。(←みんなこんな感じだよな?)
でレジに行くと「5枚だと1000円ですが」って。
”じゃぁもう1枚借りていきます。"

ってな事でワルキューレ。
トム・クルーズ主演、ブライアン・シンガー監督。
第二次大戦の終盤のお話。
幾度も起こった「ヒトラー暗殺」の一番最後がこれ。

ノンフィクションってだめだな・・・結果わかってるとだめだ。
"失敗するんだよなぁ"って見ちゃう。
けど、"あれ、これ成功するんじゃ・・・"って思わせられたw
ほんと、いいとこまで行ったんだけどなぁ・・・

ワルキューレ、というのは作戦のコードネーム。
有事に予備軍(ベルリン駐在の大隊)が市内を制圧し、防衛することを指す。
発動は総統であるヒトラーの死去が条件。

迷走しはじめていたナチス・ドイツに異を唱える反対組織がナチスドイツの中にもあった。
ヨーロッパ広域を制圧していたナチス党を転覆させ、ヨーロッパを解放しようと画策。
アメリカを筆頭とした連合軍が攻めてくる前に何とか・・・。
予備軍の指揮権を裏工作で押さえつつ、ヒトラーを暗殺。というのがシナリオ。

どんでん返しありでなかなか面白かった。
[PR]
by shivaryu | 2010-10-11 21:46 | 映画
f0091492_205530.jpg

異様に暑かったね…ひまわりすらうなだれる暑い夏でした。
この写真はお盆の最中だったかな。
隣町で市営?の土地にひまわりを植えてる農園があってね。
去年は迷路にしてたみたい。(確か入口の看板に「今年は迷路じゃないですよー」みたいな事が書いてあった。)
携帯の画像フォルダを整理しつつ投稿。
[PR]
長かった・・・中だるみして読み疲れて時間をかけてしまった。

全てが二人の手紙のやりとりで進行していく本作。
主人公は造船技術士の男性とその妻であり出版関係の仕事に就く女性
男性はギリシャに、女性は日本にいる。
なぜ別々の場所にいるのか、それは読み進めば徐々にわかってくる。
話のテーマとなるのは、男と女・夫婦の愛。
ただ単なるラブレターの応酬ではない。
なぜなら、最初の1通目・女性からの手紙には離婚届が同封されている。
そこから男性と女性の葛藤に満ちた手紙のやり取りが進む。
途中、女性の祖父母の手紙のやり取りも交えるのだが、一貫して描かれるのは男女の性(さが)とそれを超越する愛情。(だと、少なくとも私は感じた。)

携帯電話が普通に手元にある世代にはきっとこの作品の良さはリアルじゃないだろう。
好きなあの子に電話をするのに「お母さんが出たらどう話そうか・・・お父さんだったらどうしよう」とか、
電話番号なんて聞けないから手紙を書いてみよう(住所は卒業アルバムなんかにも載ってたし)・・・なんていうのを体験している私と同じぐらいの世代であればきっと実感することだろう。
いや、携帯電話で思い通りに直接話ができる世代にこそ読んで「古きよき時代」を感じてもらいたいとも思う。
[PR]
by shivaryu | 2010-10-06 00:28 | 読書
金曜の夜から妹夫婦が2人の娘を連れて遊びにきた。
まぁとても賑やかなこと…親父もすっかりおじいちゃんである。

さて、まぁ義弟と酒を酌み交わすわけだが、彼は上戸で私は下戸。
その日はちょっと飲んだだけで眠くなってしまい、酒の相手は親父に任せて眠る…確か20時前に食事を始め、自室に戻ったのが21時過ぎ。

土曜日、目を覚ましたのは6時だった。
平日でもこんな時間に目覚める事は稀なこと。
とりあえず起動しっぱなしのパソコンを切り、まだ起きていない姪を起こさぬよう静かに手洗いを済ませて再び自室へ戻ると睡魔がじわりと…

気がつくと16時だった。
こりゃぁ夜が寝付けないから大変だなと思いつつ、姪と遊んで過ごして19時頃から晩御飯。
この時は晩酌は辞退して食事をしつつ談笑。
21時、子供達が寝支度に入ったので自室へ戻る…とまたもや睡魔が。

ベッドに横になって気づいたら6時…
どんだけ寝るんだよw
[PR]