感染遊戯/誉田哲也

姫川シリーズでありながら玲子が出るのはちょっとだけ…ほとんどガンテツ。
ドラマでは1話で扱われており、ガンテツではなく姫川が事件を解決している。
また「シンメトリー」の中の1話「過ぎた正義」の倉田の辞職の前後が描かれており、ドラマでは1回でまとめられている。


過去、ガンテツの手掛けた殺人事件に関連している(と思われる)殺人事件が発生する。
担当は姫川のいる捜査一課十一班なのだが、その帳場へガンテツが警告に行く場面から始まる。

まるでオムニバスのように話はガンテツの過去話、ノリ(姫川班にいた若手)へと話は進み、倉田が辞職前に手掛けていた事件へ。
それらを結ぶ見えない線をガンテツの捜査で描いていく。
もう既に実際に起こっている事象でもあるがネットと実犯罪の関係を描いたもの。
実際にあるからリアルがどうこうは言うまでもないが…。
まぁこういう事件はある程度予測できてもいたし、防ぐのも難しいのが今の法の状況でもある。
その虚をついたこの犯罪とどう戦うか。
実社会でもどうすべきか考えさせられるものがある。
[PR]
by shivaryu | 2012-07-30 08:11 | 携帯から