シンメトリー

姫川玲子が携わった7つのエピソードからなる短編集。
この一冊のエピソードの半分がドラマ化されているので期待していた部分があった。
中には警部補になる前、まだ所轄から警視庁へ上がる前のものがあり、これを読むと姫川玲子が警部補という役職へ上ることをどれほど願っていたかというのが見えてくる。

「東京」
品川署強行犯捜査係に所属していた頃のエピソード。
刑事としてのイロハを学んだ姫川の師匠とも言える刑事との話。
鋭い勘で捜査を進める姫川だが、ここで刑事としての基礎を学んで現在のスタイルを形成したのだなと思わされる。

「過ぎた正義」
ドラマ化されたエピソード。
警視庁を辞めた男を追う姫川。
その男は元警部補・倉田。
姫川が現職刑事として持つ正義で職を辞した倉田の(姫川からすれば誤まった、過ぎたる)正義を正そうとする話。
原作とドラマで少々違う点がある。
在庁(事件発生に備えて待機の状態)や非番の時間を使い倉田を追い、ついには二人は対面する事になるのだが、原作では姫川なりの正義で倉田の誤りを正す事を宣言する所で終わる。
ドラマではその後に倉田がどうしたか、鍵となる倉田の息子がどうだったかも描かれている。

「右では殴らない」
ドラマの中で一番惹き付けられたエピソード。
原作は意外に淡白な感じだった。
ドラマでの竹内結子の迫真の演技がよかったなぁ。

「シンメトリー」
ドラマ第一話。これも衝撃的だった。
列車事故に関わる事件で、事故の発端となった車の運転手が殺されるもの。
ドラマでは運転手と事故によるある犠牲者の親族も殺されてしまうのだが原作ではそれは書かれていない。

「左だけ見た場合」
霊的なもの、超能力など非科学的な現象を信じない姫川。
まぁ、そんなもの信じていては現実に起こる殺人など捜査してられない。
謎の変死体があって、死因も凶器もよくわからないから「あぁ、これはエスパーだな」なんて言ってたら警察なんて必要ないってな話ではある。
だがしかし、現実的にどうしても科学的に証明できない事もある。というような話。
いや、事件自体はちゃんと解決しますが・・・・・・

「悪しき実」
これもドラマ化されたエピソード。
自殺と思しき遺体が発見されたと通報がある。
だが通報者は電話をした後にどこかへ去ってしまった。
在庁していた姫川班に出動要請がかかるがイマイチ乗り気でない。
一課は殺人事件の捜査がメインである。なのに自殺と思しきって、と。

「手紙」
姫川の元へある女性から手紙が届いた。
警視庁捜査一課へ異動が決まる少し前に犯人を挙げた事件の犯人だった。
非番の時間を使い、姫川は彼女に会いに行く。
「過ぎた正義」にあるのだが、姫川は"殺人犯なんて捕まえたらさっさと殺したらいいと思っている"のだが、このエピソードで少し感情に変化があるように思う。
必ずしも殺人を犯した者が再犯を繰り返す訳ではない。
確かに一線を越えてしまった者は歯止めが効かなくなるのはあるだろうけれど。

っと、エピソード名も全部並べるとシンメトリー。
姫川の過去エピソードを前後両端に加えて、サブタイトルも対称的になってたりする。

次は映画になる「インビジブルレイン」を読む。
[PR]
by shivaryu | 2012-07-08 19:51 | 読書