ツクツク図書館/紺野キリフキ

(言い訳)
実は5月はONE PIECE読破月間でした。
連載開始当初、ジャンプで少しだけ読んでおりましたが、何かの理由で読まなくなり・・・その後、恥ずかしながら「ONE PIECEトークに雰囲気で乗っかる」という手法でやり過ごしておりましたw
で、GWの予定がいろいろガタ崩れになったのもあり、一気に62巻読破してやろうと思い、家でゴロゴロしながら読み進めてた訳です。
だから、小説とか読めませんでした。
(言い訳おわり)

さて、紺野作品をまた見つけてしまったので購入し、通勤のお供にすること1ヶ月・・・やっと読み終えた。
「ツクツク図書館」とは通称である。筑津区にある「図書館」だからそう呼ばれている。
正確には門前に掲げてある看板は「図書館」でしかない。
この市には中央図書館とこのツクツク図書館の2つしかない。

さて、このツクツク図書館だが、おもしろくない本しかない図書館だ。
普通は面白い本もあれば面白くない本もあるのが図書館だろうと思う。
だが、ここにはおもしろくない本しかない。
そんな図書館に新たに職員として入る「着ぶくれた女」を主人公としたお話。

非常にユニークな図書館であるのは上記の通り。おもしろくない本しかない、って・・・。
そして作りもユニークで、廊下がないのだという。部屋と部屋が繋がってる状態なのだ。
と、とても面白い図書館なのだが、誰でもいける訳ではないらしい。この図書館は来る人を選ぶらしい。
それゆえか(面白くない本しかない事で有名だからか?)来館者はほぼいない。
そんな図書館の職員は何をするのか。図書館にある誰も手に取らない本を読むのだそうだ。
面白くない本を読む・・・なんという苦痛。
そんな日常と徐々にあらわれる変化を描いた物語。

紺野キリフキさんの文章って読み飽きない。
とても読みやすく、とっついたらスルスル最後までという感じではある。
って本棚荘の時も書いたっけ・・・?w
[PR]
by shivaryu | 2011-06-01 00:59 | 読書