のぼうの城

正確には映画じゃない。
適切なジャンルは書物とすべきだが・・・今更新たなカテゴリを追加してもなぁ、と。

もうほぼ日本を制し、北条で〆と行きますか!ってな時代。
豊臣秀吉は北条へ攻め入る事を決めて、大事に育てていた石田三成にその支城である忍城(おしじょう)攻めを申し付ける。
そんな忍城を守るのは成田家。これ以上詳しい話はしない。読むがいい。
まぁ史実に従っているので、勝敗はわかる事だけど・・・この忍城にまつわるエピソードを知らないならば、史実を調べたりしないように。先入観なく読んだら余計に面白くなるはず。

ぶっちゃけ成田家とか言われて武将が誰とか思いつかない。
けど、読んだら「なんとキャラの立ついい武将揃いなんだ!」と思ってしまう。
石田三成を総大将にして、豊臣方は名将揃いな訳ですよ。
それと相対して何ら遜色のない武将がいる訳ですよ。成田家には。その辺りに著者の文筆の冴えを感じた。
コーエー設定だったら能力値は低いはずなのだけど、だ。


ちょっと泣いた。(←疲れ補正あり
[PR]
by shivaryu | 2009-04-24 03:21 | 読書